大きな困難を乗り越えた先は奇跡と感動と勇気を与えてくれる。札幌日大高校吹奏楽部 × 札幌管楽ゾリステン Joint Concert in kitara

札幌日大高校吹奏楽部 × 札幌管楽ゾリステン Joint Concert in kitara
2015年10月27日(火) 18:30開場  19:00開演
札幌コンサートホールKitara 大ホール

■合同演奏指揮
米谷 久男

■指揮
木田 恵介(札幌日大高校吹奏楽部顧問 札幌管楽ゾリステン常任指揮者)
畠中 秀幸(北海道吹奏楽プロジェクト代表)

■プログラム
O.レスピーギ
 交響詩「ローマの松」 より
J.S.バッハ
 幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
P.I.チャイコフスキー
 交響曲第4番 ヘ短調 作品36 より 第4楽章 他

■入場料(全席自由)
一般 ¥1,500(当日券¥1,700)
高校生以下 ¥800(当日券¥1,000)

■チケット取り扱い
チケットぴあ(P:269-101) Kitaraプレイガイド
三響楽器 道新プレイガイド 大丸プレイガイド
スタジオ・シンフォニカ

■お問合せ先 : スタジオ・シンフォニカ TEL:011-215-6400 Mail : hbp@hotmail.co.jp
詳細はこちらから

10月17日(土)ファイブペニーズで、jaxonさんのライブが行われました。
jaxonさんとなんでこの関わりがあるのかと思いますがこちらにゲスト出演されておりました畠中 秀幸さんがお越しになったことです。恥ずかしながら畠中さんのことご存知ありませんでしたが色々と調べてみるとすごいかたでした。自分自身wikipediaに掲載している人=有名人というなんともベターな考えですが(笑)、そんなお方が夕張でご夫婦と一緒に共演されました。
演奏が始まると畠中さんのパート、フルートでしたが右手がどうも不思議な位置に、ん?と思って聞いておりました。
曲が終わりjaxonさんが畠中さんの紹介の時に2011年に脳卒中を患ってしまったということであの位置でということになりました。その後懸命のリハビリをし今ではこうやってフルートが弾けるくらいにまで回復したそうです。
その畠中さんが指揮されるこのイベントを是非ともご覧いただければと思います。

奇跡と感動と勇気を音楽として奏でる素敵な時間をお過ごしください。

10月17日(土)のjaxonライブの模様

左手のフルートとピアノのための協奏曲『甦生〜街、村、ひと〜』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夕張新聞をフォローしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黄色いハンカチ想い出広場
ゆうばり不動産

最近の投稿

ページ上部へ戻る