今日9月24日の北海道新聞朝刊日曜版「本と旅する」欄で、旧北炭清水沢火力発電所が取り上げられています。

今日9月24日の北海道新聞朝刊日曜版「本と旅する」欄で、旧北炭清水沢火力発電所が取り上げられています。
佐々木譲氏の直木賞受賞作「廃墟に乞う」で登場する「道央の炭鉱町」。設定は微妙に虚実が混在していますが、火力発電所跡とダムがセットである場所は他にありません。小説はとても暗い内容なのですが、記事では街も人も再生できるという希望を書いていただき、とても嬉しいです。旧発電所は、未来へのエネルギーを生み出す場になりうるのかもしれないと感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で夕張新聞をフォローしよう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黄色いハンカチ想い出広場
ゆうばり不動産

最近の投稿

ページ上部へ戻る